ベビーソープ比較解析.com【口コミ・成分で比較】 > 育児・子育て > 年齢別子どもの写真を上手に撮るコツや笑顔の作り方は?

年齢別子どもの写真を上手に撮るコツや笑顔の作り方は?

子ども時代は一瞬で過ぎるので、写真に収めておいたほうが後で思い出として残ります。

ただいざカメラを買ったが、どうやって撮れば良いのか迷う親御さんも多いみたいですね。

子どもと遊びながら撮って、良い瞬間を逃さないようにするのが上手に撮るコツですよ。

赤ちゃん時代はアップ写真や泣いた写真

赤ちゃん時代の写真を撮るのはそんなに難しくありません。

被写体が動き回ることもないので、赤ちゃんに寄ってアップ写真を撮るのがおすすめです。
泣いている所や、笑った所、色々な表情を撮りましょう。

アップで撮ると、生まれたばかりの赤ちゃんの肌のきれいさを残しておくことができます。

ポイントはスマホなどのカメラで撮ると、全体がピンボケになったり背景だけをぼかすという手法ができません。

できるだけ一眼レフや、単焦点レンズのカメラを使用して背景だけぼかすと、立体的な写真が撮れます。

動き回る時期は連射モードがおすすめ

子どもが歩き出す1歳半くらいになると、カメラを向けても止まることなくどんどんどこかへ行ってしまいます。

ただし子どもにこっち向いてやピースは?といった声掛けはいりません。

逆に動き回る子どもを連射モードで撮ることで、躍動感あふれる良い写真が偶然撮れることもあります。

パパやママは猫のようにはいつくばって、子どもと同じ目線で撮ると、違った景色が見えます。

あまり構図ばかりにとらわれず、逆光でも光がさして逆に良いアングルとなることもあります。

上から下からと色んなアングルで子どもを撮ると楽しさが増しますよ。

撮られることに慣れさせる

カメラを撮り慣れていないと、変に構えたり顔やポーズを作ってしまいます。
それも悪くはありませんが、そればかりだと写真がつまらない物となってしまいます。

最初は失敗しても良いので、どんどん写真を撮って親もカメラに慣れ、子どもも撮られることに慣れさせましょう。

それが自然な笑顔の作り方や笑顔を撮るコツです。

大好きなおもちゃや遊び場で撮る

子どもが大好きで、かつ写真に収めると見ごたえアップする鉄板アイテムがあります。

・シャボン玉
・シーソーやブランコ
・水辺や家庭用プール

他にも子どもが好きな遊び場やおもちゃがあれば、それで一心不乱に遊んでいる時がシャッターチャンスです。

大好きな物に囲まれていれば自然に笑顔が出ますし、いかにも作った感が出なくておすすめです。

思い出を上手に残すようにしましょう

子どもの写真も良いですが、記念品である誕生日ケーキなどの写真を撮っておくのもおすすめです。

一緒に作った料理や、気に入っていたおもちゃなども後で子どもが見返した時にほっこりすることができます。

思い出の中に浸れるので、思い出は上手に残しましょう。
記念にとSNSに投稿するために、子どもの写真を撮る人もいますね。

ただ悪用されたり、プライベートな情報が拡散されやすいツールなので、気を付けた方が良いですよ。

■SNSに子供の写真を載せていますか?
はい 32.5%
いいえ 67.5%

参照元:https://news.mynavi.jp/article/20170828-a018:amp/

約7割近くのパパやママがいいえと答えています。

顔をぼかしたり、そこがどこか分からないような場所で撮る分にはあまり危険性はないでしょう。

ただしできれば写真は現像して、家で飾ったりするのが上手な思い出の残し方だと言えますね。

親も楽しみながら撮ろう

写真は奥が深くて、構図やアングル、カメラの種類などこだわりだすと色々あります。

しかし一番大切なのは、子どもが楽しんでいる所を撮り、親も一緒に楽しむのが良い写真を撮るコツですよ。

まずは写真に撮られるのを子供に慣れさせること。

そしてSNSなどの残し方よりも、現像してアルバムを作ったり、額に入れて写真を飾る方が写真の価値も感じられるでしょう。

カメラが好きになれば、おのずと出かける頻度も増えて、思い出も増えるのでおすすめです。

関連記事

あなたピッタリ
ベビーソープどれ!?

下記項目に一つだけチェックを入れてあなたにぴったりのベビーソープを診断しよう!

今すぐ診断結果を見る

人気のベビーソープ一覧

ページトップへ>