ベビーソープ比較解析.com【口コミ・成分で比較】 > ベビ肌への刺激となる成分が無添加のおすすめベビーソープ5選

ベビ肌への刺激となる成分が無添加のおすすめベビーソープ5選

無添加ベビーソープはたくさん売られています。

無添加だから安全ということではなく、無添加ベビーソープを選ぶ際には無添加の中身が重要となります。中身をチェックせずに「無添加」という言葉を見ただけでベビーソープ選びをすると思っていた内容と違ったという結果になりかねません。

無添加を突き詰めると「純石鹸」に辿り着きます。
水と石けん素地だけというシンプルな石鹸が純石鹸なので香料も着色料も鉱物油もアルコールも旧表示指定成分もパラベンも何も入っていないので当然ながら一番無添加と言えます。

ですが、赤ちゃんのお肌のケアを考えたベビーソープ選びというのはただ無添加を突き詰めれば良いというわけではありません。

赤ちゃんのお肌に必要なのは「無添加のやさしさ」と「お肌の潤いを守る」ことです。

つまり、赤ちゃんのお肌にとって刺激となる成分が出来る限り無添加でありながら、お肌の潤いを守りながらしっとりと洗い上げる保湿力も備えたバランスの良いベビーソープであることが大切です。

そのため、赤ちゃんのお肌の負担となりえる旧表示指定成分や香料、着色料などの成分が無添加でありつつ、潤いを守りながらやさしく洗えるおすすめのベビーソープをご紹介します。

一応、無添加化粧品というのは元々「旧表示指定成分無添加」の化粧品を指していたということもありますので、旧表示指定成分が無添加のベビーソープから選んでいます。

是非参考にしてください。

1Dolci Bolle(ドルチボーレ)ベビーソープ

ドルチボーレのベビーソープは合成香料・合成着色料・鉱物油・エタノール・シリコン・パラベン・硫酸系界面活性剤・フェノキシエタノール・旧表示指定成分の9つの無添加を実現。

お肌にやさしく適度な洗浄力の洗浄成分とヒアルロン酸やPCAといったお肌に存在する保湿成分などを使ったやさしさと保湿のバランスのとれた泡タイプの無添加ベビーソープです。

配合成分数も18種類とシンプルな構成でとてもおすすめです。

余談ですが、ドルチボーレのベビーソープはしばしば高いと言われていますが、
ピジョン オーガニクスベビーソープの130mlで1,500円(税抜)[11.5円/ml]や
エルバビーバ ベビー ボディウォッシュの175mlで2,300円(税抜)[13.1円/ml]と比べると
ドルチボーレは300mlで3,200円(税抜)[10.6円/ml]なので実はこれらより安かったりします。

詳細・ご購入はこちら

2Nukumori(ぬくもり)泡シャンプー

ぬくもり泡シャンプーは合成着色料・シリコン・鉱物油・紫外線吸収剤・硫酸系化合物(サルフェートフリー)・パラベン・フェノキシエタノール・エタノール・防腐剤・DPG・PG・タルク・合成酸化防止剤・パラフィン・コカミドDEAの15種類が無添加となっています。

ぬくもり泡シャンプーは無添加にこだわっていますので、ベビーソープとしてはかなり低刺激となっていますが、BGやPEG-5ステアリルアンモニウムクロリドといった成分が少し気になります。

特徴としては皮膚の代謝を促し、最近アトピー治療で注目されているビタミンの一種であるビオチンが配合されていたり、妊婦さんにお馴染みの葉酸が配合されています。デリケートな赤ちゃんのお肌を優しくケアしてくれます。

洗浄成分もベタイン系やアミノ酸系を使用し、潤いを残しながら洗浄でき、ヘアケア効果もあるので全身まるごと洗えます。

詳細・ご購入はこちら

3ママアンドキッズ ベビー全身シャンプーフレイチェ

ママ&キッズのベビーソープは香料・着色料・パラベン・エタノール・鉱物油・石油系界面活性剤・シリコン・旧表示指定成分の8つが無添加となっています。

ママ&キッズのベビーソープは胎脂をイメージした高保湿成分を贅沢配合しているという特徴があります。そのため、保湿力は高いのですが、人によっては肌荒れにつながるBGが配合されていたり、配合成分数が30種類とちょっと多めなことが少しマイナスポイントです。

フェノキシエタノールも基本的にパラベンより低刺激とされますが、人によっては合わないこともあるようです。

ただし、洗浄成分に低刺激なアミノ酸系洗浄成分を中心としたやさしくマイルドな成分を使った低刺激なベビーソープといえます。

詳細・ご購入はこちら

4neobaby ベビーソープ&シャンプー

ネオベビーのベビーソープは合成界面活性剤・鉱物油・合成香料・合成着色料・シリコン・パラベン・フェノキシエタノール・旧表示指定成分の8つが無添加となっています。

基本的に植物由来成分ばかり使用していて、洗浄のベースは石鹸が、そして珍しい温泉水が使われているベビーソープです。

エタノールが配合されているのでアルコールが合わない方は注意が必要です。

全成分が20種類と比較的シンプルでお肌への刺激の強い成分は無添加なので、赤ちゃんのお肌をやさしく洗うことができます。

詳細・ご購入はこちら

5コズグロスパ ミネラルベビーバス

コズグロスパのベビーソープはとても珍しく石鹸でも合成界面活性剤でもなく、ミネラルの洗浄力を利用してお肌を洗うベビーソープとなっています。

当然ながら合成界面活性剤・石鹸・エタノール・香料・着色料・鉱物油・シリコン・パラベン・フェノキシエタノール・旧表示指定成分などは無添加となっています。

コズグロスパブランドならではの泡立たないジェルタイプの低刺激ベビーソープです。

イメージはアルカリ温泉です。

詳細・ご購入はこちら

6ドクターシーラボ ベビーソープ

香料・着色料・鉱物油・パラベン・エタノール・旧表示指定成分などが無添加のドクターシーラボが手掛けるベビーソープです。

コラーゲンやヒアルロン酸、セラミドなどの保湿成分配合でベタイン系の洗浄成分を使用しているので、やさしくしっとりと洗い上げますが、BGやペンテト酸5Na、フェノキシエタノールといった人によってお肌の負担となりえる成分が配合されている点がマイナスポイントです。

詳細・ご購入はこちら

あなたピッタリ
ベビーソープどれ!?

下記項目に一つだけチェックを入れてあなたにぴったりのベビーソープを診断しよう!

今すぐ診断結果を見る

ページトップへ>