ベビーソープ比較解析.com【口コミ・成分で比較】 > 育児・子育て > 妊娠8ヶ月(28~31週)の妊婦さんの特徴!注意点ややっておきたいこと

妊娠8ヶ月(28~31週)の妊婦さんの特徴!注意点ややっておきたいこと

妊娠8ヶ月頃は妊娠後期に入った頃です。

妊娠後期になるといよいよ出産に向けて色々準備を進めていく時期でもあり、お腹の中の子供の存在を強く感じる時期でもあります。

そんな妊娠8ヶ月頃の妊婦さんの特徴や注意点、やっておきたいことをご紹介します。

妊娠8ヶ月の妊婦の特徴

妊娠8ヶ月の妊婦さんにはいくつかの特徴が見られます。

まずこの時期にはお腹が張りやすくなります。

お腹の張りというのはどういう状態のことなのかというのが分からないという人も多いのですが、分かりやすく言うとお腹を触るとかたく、風船を膨らませたようにパンパンになっている状態です。

これは子宮が収縮することによって起こるのですが、頻繁だったり長時間だったりすると早産を招いてしまう恐れがあります。

またお腹も本格的に大きくなっている状態なので眠っている間も寝返りがしづらく、寝不足になってしまうこともあります。

体重管理も引き続き続けていかなければならないのですが、出産間近にもなるので楽しみでもありながらお産や育児に対する不安も抱きやすくなります。

いつ何が起こるか分からないのであまり遠出をすることはおすすめできませんが、買い物に行ったり外食を楽しんだりと程よくリフレッシュをすることができる最適な時期でもあります。

妊娠8ヶ月頃に気を付けたいポイント

出産までもう少しという妊娠8ヶ月は体重管理に関して油断しやすい時期でもあります。

最後まで食事はできるだけ薄味にし、体重管理をしっかり行うようにすることが大切です。

そして産後のことについて夫婦で相談しておいたり、入院の準備をしておくなどすればいつ何があっても慌てることなく対応できるでしょう。

この時期に最も気を付けなければならない注意点がお腹の張りです。

お腹がかたくなっていると感じたらすぐに横になって休むようにしましょう。

これくらいなら大丈夫と無理をしていると子宮口が開いて出血し、早産を招いてしまう恐れがあります。

お腹の中の赤ちゃんが正産期を無事に迎えられるようにママは無理をせずに体を気遣ってあげることが大切です。

お腹が大きくなって動きにくいので、ママ1人でなんでもこなそうとするのではなく、私生活の中で不便なことは旦那さんにお願いするなど夫婦で協力し合って出産を迎えられるようにすることが大切なのです。

やっておくと良いこと!おすすめ

正産期に入るといつお産が始まってもおかしくない時期なのであまりお出かけをすることができません。

また産後は母体の回復や育児に追われて自分のことは後回しになってしまうので、この妊娠8ヶ月の時期に美容院に行ったりお出かけを楽しんでおくことをおすすめします。

美容院のパーマやシャンプーのニオイなどで気分が悪くなってしまう可能性もあるので体調がいい時に行っておきましょう。

お出かけにおいてはあまり遠出をせず、いつでもかかりつけの病院に行くことができるような距離にとどめることを心がけ、母子手帳は忘れず持っておきましょう。

夫婦で過ごす時間も少なくなっていきます。育児が始まればなかなか夫婦での時間をとることもできないでしょう。

そのためこの時期は夫婦の時間を楽しむことが大切です。

もちろん体調面だったりを気遣わないといけないのでできることとできないことはありますが、一緒に散歩をしたり外食をしたりなどできることで楽しむようにすることをおすすめします。

関連記事

あなたピッタリ
ベビーソープどれ!?

下記項目に一つだけチェックを入れてあなたにぴったりのベビーソープを診断しよう!

今すぐ診断結果を見る

人気のベビーソープ一覧

ページトップへ>