ベビーソープ比較解析.com【口コミ・成分で比較】 > 育児・子育て > 3歳頃の赤ちゃんに向いてる遊び場・お出かけスポットの特長

3歳頃の赤ちゃんに向いてる遊び場・お出かけスポットの特長

3歳頃になれば色々な物に興味を持ったり、これなあに?の質問が増える時期でもあります。

まだまだ赤ちゃん的な部分も抜けず、子連れでのお出かけも準備することが多いですよね。

赤ちゃんから幼児になってきた3歳と、お出かけするのに向いている遊び場の特長を見ていきます。

公園にトイレや売店があるところ

1歳を過ぎて歩くようになってきたら、どんどん外の世界を経験させてください。
まだ3歳だと遊具に乗って遊ぶものも限定的になります。

遊具がいっぱいあるところよりは、安全な公園がおすすめ。

・芝生になっている公園
・ミニテントを立てても問題ない場所
・小さい子供が遊べる遊具がある

などの公園が良いでしょう。

大体の公園は6歳以上が使う遊具と、3歳頃の子どもが使う遊具は分かれて設置されてあります。
安全面も問題はありません。

ミニテントは立てられた方が、不意の着替えやお昼寝タイムでも対処しやすいです。

また3歳なら日中のトイレが取れたくらいなので、まだまだ失敗もあります。

トイレが設置してある公園は必須で、できればおむつ替えができるシートが付いているトイレを下調べしておいてくださいね。

売店がある公園なら、ちょっとした食べ物なども買えて便利です。

高低差のない場所が向いている

3歳は赤ちゃんと同じく、ベビーカーを多用します。

ひつじや小動物などと触れ合い体験ができる施設も増えてきて、子供にとっては楽しい場所です。

ただし農場型施設や、果物狩りができる山あいや丘は高低差があり、親が押して歩くのが大変です。

階段でないと降りられない場所もあるため、ベビーカーの使用ができるか確認しましょう。

年齢×キロ数と言われていますが、3歳が3キロも歩くのは体力がある方の子供です。

ほとんどが疲れたとなって、ベビーカーに乗りたがりますので、子供の体力とも要相談といったところでしょうか。

大型施設なら雨の日もOK

最近増えてきているのが、1日料金を支払って遊ぶ大型の遊び場です。

0歳から小学生までの子供が遊べる、安全な物を使用した施設で、ボールプールやエアータイプの滑り台などたくさんあります。

3歳は目を離すとすぐにどこかへ行ってしまう子もいますが、施設内なら迷子になる心配がありません。

さらに

・雨の日も遊べる
・1日中遊んでも定額
・遊ぶ遊具が豊富
・トイレや授乳室も完備が多い
・転んでも痛くない

などメリットがたくさんあります。

季節を問わず遊べるのも、特長のひとつですね。

兄弟がいるとアスレチックなどは上の子は良くても下は遊べない、といったことが出てきます。
でも大型の遊び場なら、どの年代が遊んでも楽しめる遊具があるのが私も気に入っています。

駐車場がある施設

子連れでの移動は荷物が多く大変なのです。

みなさん遠くへ行く時に、どんな交通手段を取っているか見てみましょう。

よく利用する交通手段を調べてみました。(複数回答可)

・マイカー 87.4%
・電車 31.5%
・飛行機 22.3%
・新幹線 31.4%

参照元:https://www.happy-note.com/research/10207-sp.html

とほとんどのご家族がマイカーを持っています。

子供が騒いでも、自分の車の中なら気兼ねがいりません。

公共の乗り物だとぐずったからと言って、お菓子を与えることも躊躇しますよね。

3歳ころはまだまだ赤ちゃんと同様にぐずったり、昼寝が必要な年齢です。
行く施設に駐車場は必須でしょう。

色々な経験をさせよう

小さい子を連れてのお出かけは、準備など大変なこともいっぱいあります。

でもできるだけ、色々なところに連れて行って体験させてあげたいのは親心ですよね。

まだ小さい子にはトイレをはじめ、ベビーカーが使えるか、駐車場の有無など気を付けることがあります。

中にはトイレが外れていないと、温泉施設は使えないところも。
事前の下調べをしっかりと行って、楽しく過ごしてくださいね。

関連記事

あなたピッタリ
ベビーソープどれ!?

下記項目に一つだけチェックを入れてあなたにぴったりのベビーソープを診断しよう!

今すぐ診断結果を見る

人気のベビーソープ一覧

ページトップへ>