ベビーソープ比較解析.com【口コミ・成分で比較】 > 育児・子育て > 首が座る前からずっと使える抱っこ紐オススメ3選

首が座る前からずっと使える抱っこ紐オススメ3選

首が座る前でもやっぱりお買い物、お散歩はしたいもの、そんな時には首座り前から使える抱っこ紐が1つあると重宝します。

エルゴ以外にも国産だったり安かったり、良いものが沢山ありますよ。

タイプも様々な抱っこ紐、その中でも重宝する首が座る前からずっと使えるおすすめの抱っこ紐をご紹介します。

ベビービョルン ベビーキャリア one+air


新生児から3歳までと長く使える抱っこ紐です。

新生児で使用する場合でも、付属品を使わずに抱っこができるので、簡単に使用できます。

新生児が付属品なしで抱っこできるのは、ヘッドサポートで首を支えているからです。

ヘッドサポートは、頭の大きさで調節できるので、小さめな赤ちゃんや大きめの赤ちゃんでも大丈夫です。

新生児の場合、抱っこ紐で抱っこをすると体が小さいため、抱っこ紐に埋もれることがあります。

ベビービョルンのベビーキャリアは、股にあるファスナーで高さを変えられるため、新生児でも抱っこ紐に埋もれません。

股の部分も、レッグファスナーで幅を調節できるので、成長に合わせて正しい股関節ポジションで抱っこができます。

抱っこ紐は、赤ちゃんにも安心なメッシュ素材で、肌にも優しく口に入れても大丈夫な素材です。

メッシュ素材なので通気性もよく、洗ってもすぐ乾きます。抱っこの方法には4通りあり、新生児の抱っこ、首がすわってからの対面の抱っこ、前向きの抱っこ、おんぶがあります。

エイテックス サンクマニエルプレール


生まれてすぐの新生児から3歳まで使用できます。

成長に合わせて5通りの使い方ができます。
新生児から生後6ヶ月までは、寝かせて抱っこをする使い方ができます。

生後2か月から4か月の対面抱っこは、付属のピローをマントの中にセットすることで、首をしっかりと支えて使います。

首がすわってからは対面抱っこ、前向き抱っこ、おんぶの使い方ができます。

ウエストベルトがないタイプの抱っこ紐なので、腰への負担を減らせます。

また対面抱っこでは、足の開き過ぎを防止したり、おんぶでは膝裏までしっかりと包み込んでくれます。

赤ちゃんが触れる裏地は、吸水速乾生地になっているので、ベタつきにくく快適です。

活発な赤ちゃんでも安心して使えるように、内側にはセーフティベルトが付いています。

日本製の抱っこ紐で、対人賠償責任保険付になっており、安全性の面でも安心して使えます。
コンパクトに折り畳めて軽量なので、カバンに入れても持ち運びやすくなっています。

バディバディ アーバンファン L4340


5通りの使い方ができるので、新生児から3歳まで使用できます。

首がすわるまでは横抱っこ、首がすわってからは対面抱っこ、縦抱っこ、おんぶ、腰がすわってからは前向き抱っこと使います。

赤ちゃんの落下を防止するセーフティサポートが付いているので、抱っこ紐初心者でも横抱っこやおんぶを安心して使えます。

横抱っこは、セーフティボードで赤ちゃんの腰や背中をしっかりと支えてくれるので、赤ちゃんの首が不安定にならないようになっています。

腰に付けたまま収納袋がなくても、収納できるので、外出先で使用しないときも邪魔になりません。

3Dデザインで、赤ちゃんが自然とベストポジションになります。

見た目もすっきりしている抱っこ紐なので、色々な服装にも合わせやすいです。

長時間抱っこできるようになっており、腰と肩で赤ちゃんの体重を分散されます。

日本の赤ちゃんにフィットできるデザインで股幅が広がりすぎず、赤ちゃんも快適にとっても快適です。

関連記事

あなたピッタリ
ベビーソープどれ!?

下記項目に一つだけチェックを入れてあなたにぴったりのベビーソープを診断しよう!

今すぐ診断結果を見る

人気のベビーソープ一覧

ページトップへ>