ベビーソープ比較解析.com【口コミ・成分で比較】 > お役立ち情報・コラム > 身近な悩み【泡立ちの悪いベビーソープは汚れが落ちない?】

身近な悩み【泡立ちの悪いベビーソープは汚れが落ちない?】

ベビーソープの泡立ちと汚れの関係

ベビーソープにも泡立ちの良いものと泡立ちの悪いものがあります。

泡立ちが悪いとお肌をしっかりと洗えていない気がしますよね。
ですが、実際のところベビーソープの泡立ちと汚れ落ちは関係ありません。

ベビーソープだけでなく、洗浄系の化粧品、シャンプーもボディソープも洗顔も界面活性剤という水と油を混ぜることができる成分によってお肌の皮脂汚れを水に溶かせることによって洗い流すことができます。

界面活性剤と同じような効果のあるもの

水だけでは油を落とすことができないので界面活性剤を使用することになります。

同じように界面活性剤のような効果があるものとして、オイルクレンジングのような油で油を落としたり、マヨネーズで油性マジックを落とすことができたり、ミネラルなどのアルカリ性の性質によって酸性の皮脂汚れを落とすことができたりします。

水と油を混ぜることができる界面活性剤以外にも油をオイルで落としたり、アルカリ性で酸性汚れを落としたりといったことができ、そういった特徴を活かしてオイルクレンジングやミネラル洗浄剤(コズグロスパ)などが作られています。

全く泡立たない洗浄料などもあったりしますので、ベビーソープなどの泡立ちと汚れの落ち具合は関係ないんですね。

関連記事

あなたピッタリ
ベビーソープどれ!?

下記項目に一つだけチェックを入れてあなたにぴったりのベビーソープを診断しよう!

今すぐ診断結果を見る

人気のベビーソープ一覧

ページトップへ>