ベビーソープ比較解析.com【口コミ・成分で比較】 > 育児・子育て > 肥満体質の大人にならないための子育て方法について

肥満体質の大人にならないための子育て方法について

近年肥満の子どもは増加傾向にあり、また運動能力の低下も取り上げられているそうです。
小さいうちは太っていても良い、という考えはあまり良くないのです。

実は子供の肥満は大人になると影響があるようなので、肥満体質にならない子育て方法が必要です。

子供の肥満は増加傾向にある

文部科学省の調査によれば、肥満体質の子どもの数は2倍から3倍に増加しているそうです。

特に9歳から17歳の男の子の10人に1人は肥満なのだそうです。

・男子は15歳で13.5%
・女子は12歳で9.8%

調査によって、最も高い肥満出現率が示されました。
参照元:https://www.metabolic-syndrome.net/kodomo/what/what_01.html

年齢を考えると育ち盛りなので、また痩せるのでは?とも思いますよね。

実は肥満になる原因は、もっとさかのぼって3歳までにつけた生活習慣のせいかもしれないのです。

私の長男も3歳検診で、すでに太り気味だと診断されてしまいました。

文部科学省では食生活の欧米化や就寝時間など、生活習慣の変化が増加傾向にあるのではないかとしています。

3歳までに肥満体質が決まるって本当?

人間の体は3歳までに、脂肪細胞の数が急激に増加します。
ですので炭水化物や甘いもの、脂肪などで細胞の数を増やしてしまうと、大人になって肥満体質になりやすい体を作るのだそうです。

太っているか痩せているかは脂肪細胞が膨らんでいるか、縮んでいるかで決まります。
細胞の数が多ければ不利なのは当然ですよね。

一度作られた脂肪細胞はダイエットをしても小さくなるだけで、数を減らすことはできません。

自分の子供が肥満かどうかを調べるには、肥満度を調べる計算方法があります。

「(実測体重ー標準体重)÷標準体重×100%」

例えば3歳女子の標準体重は14.1kgです。

実際の体重が16キログラムなら、(16-14.1)÷14.1×100%=13.4%となり、肥満度が13.4%の計算になります。

食生活に気を付ける対策をとろう

小さいころの食事は、子供ではなく大人が決めます。
親が原因で、子供を肥満にしてしまう原因は以下のようなことです。

・高カロリーの物ばかり与える
・お菓子やジュースの習慣化

最近では和食よりも洋食文化も盛んですし、冷凍食品やインスタント食品は塩分も濃く、子供が好きな味ですよね。

たまになら良いのですが、習慣になると肥満の原因になります。
ですから子育てで親が気を付けられることは、できるだけ対策をとりたいですね。

・のどが乾いたらジュースよりもお茶
・早食いさせない
・赤ちゃん時代に正しいミルクの量を飲ませる

あまりに制限させるのは良くありませんが、細かいことから親が対策してあげましょう。

性格や性質もあるがうまく対処しよう

親の食生活だけとは言えない面もあります。

・生まれ持った遺伝
・ゲームが好きでインドア派
・運動が嫌い

親が太っていると、子供も太りやすいと聞いたことはありませんか?
脂肪燃焼遺伝子に異常があると、太りやすい体質になるそうです。

また私の息子が当てはまりますが、よく食べるのに運動が嫌いな性格もあるようです。
ただし対処方法がない訳ではありません。

・好きな運動方法を見つけてあげる
・就寝時間を早める
・食事の時間を早める

息子も球技は苦手ですが、室内で行うトランポリンなどの遊びは大好きです。
他にも体に負担をかけないスポーツとして、水泳が人気ですよ。

子供に無理をさせない範囲で、体を動かすことをおすすめします。
また食事時間や就寝時間を早め、生活リズムを夜型にしないのもリスクを減らす子育て方法です。

将来の健康も守るために

肥満体質は大人になって、成人病のリスクも上げてしまいます。

大人になっても健康でいてもらうために、子供時代にしっかりと肥満防止の対策をとりましょう。

まずは子供と一緒に外に出て、体を動かすことからはじめてみませんか?

関連記事

あなたピッタリ
ベビーソープどれ!?

下記項目に一つだけチェックを入れてあなたにぴったりのベビーソープを診断しよう!

今すぐ診断結果を見る

人気のベビーソープ一覧

ページトップへ>