界面活性剤とは?

界面活性剤について

界面活性剤と聞くと悪いイメージを抱く方もいらっしゃるかもしれません。
ですが、界面活性剤はベビーソープなどの洗浄料には必須の成分です。
なぜなら界面活性剤には本来は混ざり合うことのない水と油を混ぜ合わせることによってお肌の皮脂汚れを洗い流すという役割があります。

たまに界面活性剤不使用の洗浄料もあります。たいていはミネラルの力や竹炭の力などの界面活性作用を用いています。同じような力はありますが、洗浄力は劣ります。

界面活性剤の種類

界面活性剤といっても種類がたくさんあります。
分類としては石鹸、合成界面活性剤、天然の界面活性剤に分けられます。

石鹸は界面活性剤ではないと思っている方もいらっしゃいますが、石鹸も界面活性剤です。
合成界面活性剤はたくさん種類があります。悪者扱いされる合成界面活性剤ですが、合成界面活性剤にはお肌に刺激の強いものやお肌に優しいものまで様々で成分次第です。
天然の界面活性剤としてはレシチンやサポニンなどがあります。

マヨネーズで油性マジックがきれいに落ちる映像など見たことはありませんか?
油性マジックは油なので水では落とせません。マヨネーズには卵黄レシチンが含まれており、界面活性作用(乳化作用)で油性マジックを落とすことができます。

また油で油を落とすこともできます。
その代表がオイルクレンジングです。メイクは油が含まれていて水では落ちませんが、油に油をぶつけることで落とすことができます。

界面活性剤のイメージ

なんとなく体に悪そうなイメージの界面活性剤ですが、成分次第です。
多くの洗浄料は合成界面活性剤が主流です。合成界面活性剤=悪ではなく、お肌に優しい界面活性剤が使われたベビーソープを選ぶようにしましょう。

関連記事

あなたピッタリ
ベビーソープどれ!?

下記項目に一つだけチェックを入れてあなたにぴったりのベビーソープを診断しよう!

今すぐ診断結果を見る

人気のベビーソープ一覧

ページトップへ>