無添加ベビーソープの比較方法

無添加とは?

無添加ベビーソープの「無添加」とは何でしょうか?

添加というのはあるものに対して別の何かを加えることを意味します。
「無」がついていることなので「別の何かを加えていない」という意味です。

よく添加物が悪いということを耳にしますが、
添加物って着色料や香料、人によっては化合物全般を想像する方もいると思います。

無添加に抱くイメージは人それぞれ

ある人は自然由来原料のみで作られたものを無添加と思い、ある人は着色料や防腐剤が入っていないものを無添加と思います。

『無添加って書いてあったからかったのに原料(成分)を見たら添加物が入っているじゃない!』
という方もいらっしゃるのではないでしょうか?

商品の実際の無添加と皆さんの抱く無添加のイメージは必ずしも一致しません。

無添加の記載だけで判断しないことが大切

無添加と書いてあるからといってご自身のイメージの無添加を重ね合わせてはいけません。

もし、無添加=香料・着色料・防腐剤であると思っているのであれば、それを確かめて下さい。
実際その商品に添加されていないものは何なのか、それを確認しましょう。

確認してみてパラベンが入っていたらそれは自分が思い描く無添加ではありません。

どんなものが無添加の対象となるのか

ベビーソープで無添加の対象となる成分といえば、

・合成香料
・合成着色料
・合成界面活性剤
・石油系界面活性剤
・硫酸系界面活性剤
・シリコン(シリコーン)
・鉱物油
・パラベン
・フェノキシエタノール
・防腐剤
・安息香酸塩
・エデト酸塩
・変質防止剤(キレート剤)
・旧表示指定成分

などが挙げられます。

満足のいく無添加を選びましょう

人によって無添加のイメージは異なります。

防腐剤は絶対に嫌!という方もいれば、ベビーソープが腐るのは困るので何かしらの防腐剤は必要という方もいらっしゃいます。

無添加の基準は人それぞれです。

大切なことはご自身が満足のいく無添加ベビーソープを見つけることです。
無添加というのは「安心や安全」のイメージが持たれやすい言葉でもあります。

入っていないことをアピールしているのですから、理由は安心してもらいたいから、安全性を伝えたいから以外にないでしょう。

これなら安心できる。これなら安全!と思える納得のいく無添加ベビーソープ選びをおすすめします。

関連記事

あなたピッタリ
ベビーソープどれ!?

下記項目に一つだけチェックを入れてあなたにぴったりのベビーソープを診断しよう!

今すぐ診断結果を見る

人気のベビーソープ一覧

ページトップへ>