ベビーソープ比較解析.com【口コミ・成分で比較】 > お役立ち情報・コラム > 旧表示指定成分配合ベビーソープを避ける!

旧表示指定成分配合ベビーソープを避ける!

旧表示指定成分とは?

旧表示指定成分というのは全成分表示義務化の前までに表示義務があった指定成分を指す言葉で正式な言葉ではありません。

今は化粧品には全成分を表示しなければならないというルールがありますが、それまでは表示指定成分という102種類の成分のみの記載義務となっていました。

旧表示指定成分にはみなさんが良くご存じの成分が含まれています。

例えば、パラベン、ラウリル硫酸Na、安息香酸Na、エデト酸塩、PGなどがあります。

ピンとくる方もいらっしゃるかもしれませんが、
無添加の対象としてあげられている成分が多いのです。

パラベンフリーとか硫酸系界面活性剤フリーとか見たことありませんか?

こういった旧表示指定成分は人によってはアレルギーなどの肌トラブルを起こす可能性のある成分として定められていました。

旧表示指定成分以外はお肌に優しい成分といえるのかといいますとノーですが、102種類のお肌にとってはあまり良いといえない成分群ということで知っておいて損はないと思います。

ベビーソープは旧表示指定成分フリーがおすすめ!

赤ちゃんのお肌に使うベビーソープは当然ながら旧表示指定成分が配合されていないものの方がおすすめです。

理由はいうまでもありませんが、赤ちゃんのお肌への負担です。

皮膚が薄く刺激に弱い未熟な赤ちゃんのお肌にはなるべくお肌への刺激となる成分は避けるほうが無難です。

無添加ベビーソープなどで旧表示指定成分が無添加となっているベビーソープをおすすめします。

関連記事

あなたピッタリ
ベビーソープどれ!?

下記項目に一つだけチェックを入れてあなたにぴったりのベビーソープを診断しよう!

今すぐ診断結果を見る

人気のベビーソープ一覧

ページトップへ>