ベビーソープ比較解析.com【口コミ・成分で比較】 > お役立ち情報・コラム > 敏感肌のケアにベビーソープがおすすめ!

敏感肌のケアにベビーソープがおすすめ!

敏感肌とは?

敏感肌というのは何かしらの原因によってお肌のバリア機能が低下して外部からの刺激に過敏に反応してしまう状態です。もちろんお肌の状態というのは個人差がありますので、生まれつきお肌が刺激に弱い方もいらっしゃいます。

とはいえ、原因があってお肌が敏感になっていることが多いのが実際のところです。

その何かしらの原因というのは2種類考えられます。

1つは、外部からの刺激によってバリア機能が低下しているケースです。
もう1つは、体の内側に要因があるケースです。

お肌のバリア機能の低下を招く外部からの刺激としては、化粧品、汗、紫外線、ダニ・ホコリなどのハウスダスト、衣類などの摩擦などがあります。

知らず知らずのうちに使っている化粧品やちょっとくらいと思って受けている紫外線などがお肌に負担を与え、バリア機能を低下させていきます。

体の内側の要因というのは、食べ物、睡眠、ストレス、運動不足、肩こり、女性の場合は生理前後のホルモンバランスの乱れがあります。

お肌というのは当然のことですが、体の一部であり、食事によって得た栄養によって作られます。栄養が不足しているとしたらお肌が健やかに保てるわけがありません。

睡眠も体を回復させるのに大切なことです。睡眠の時間もそうですし、質も重要です。
特に夜の10時に寝るのと夜中の2時に寝るのとでは寝ている間のホルモン分泌にも差が生まれますので全く変わってきます。不規則な生活も良くありません。

運動が不足していると運動して流した汗とともに排出される体に溜まった老廃物が排出できないので体の中に溜まっている状態となりがちです。

肩こりは血行が悪くなります。体の中の栄養は血液によって必要な箇所に届けられますので、血行が悪いのはお肌にとっても良くありません。

生理前後はホルモンバランスが乱れがちになります。それによってお肌へと影響が表れます。

敏感肌に必要なケア

敏感肌に必要なケアは敏感肌の原因となっているであろう要因を取り除くことです。

外部からの刺激でいうと洗浄系の化粧品、基礎化粧品、メイク化粧品による刺激を減らすこと。
汗は拭きとったり洗い流すことが大切です。

紫外線はUV対策用品を使う、もしくはできる限り浴びないように工夫すること。

ダニやホコリなどはご家庭の掃除を見直す。

衣類やタオルなどでお肌を摩擦しないようにすること。柔らかい生地のものを選ぶかゴシゴシタオルで拭かないようにすることです。

体の内側の要因も栄養バランスの良い食事を心掛けたり、睡眠の時間や質を見直す、ストレスを発散する、適度に運動して汗を流す、ストレッチなどで体をほぐすように心掛けるようにしましょう。

敏感肌のケアにベビーソープがおすすめな理由

ベビーソープというのは洗浄系化粧品による外部からの刺激に当たります。

どうしてベビーソープがおすすめなのか。
それは、スキンケアの最もベースとなるものが「清潔に保つこと」だからです。
いかなる肌トラブルにおいてもお肌を清潔にキレイにしておくことは必要なケアです。

敏感肌の場合は刺激に過敏なので、「低刺激」で、かつ敏感肌の方の大半は乾燥肌でもありますしバリア機能を取り戻すためにも、「保湿」が大切となります。

赤ちゃんのお肌の特徴を思い出して欲しいのですが、
皮膚が薄いため、「デリケート」「乾燥しやすい」のです。

敏感肌の方に必要なケアと赤ちゃんの肌に必要なケアが共通していることがお分かりいただけると思います。

そのため、赤ちゃんのお肌にとって最適なベビーソープは敏感肌の方のお肌のケアにも適していると言えます。

関連記事

あなたピッタリ
ベビーソープどれ!?

下記項目に一つだけチェックを入れてあなたにぴったりのベビーソープを診断しよう!

今すぐ診断結果を見る

人気のベビーソープ一覧

ページトップへ>