ベビーソープ比較解析.com【口コミ・成分で比較】 > 育児・子育て > 安定期に入ったら準備し始めたいベビー用品(衣類・肌着編3選)

安定期に入ったら準備し始めたいベビー用品(衣類・肌着編3選)

ベビー用品は子供が産まれてから揃える感じでいいものもたくさんありますが、出産直後から必要になるものもあります。

ここでは安定期に入った以降の妊婦時期に用意しておきたいベビー用品の中から特に衣類・肌着についてご紹介します。

短肌着

赤ちゃんが生まれてからしばらくは買い物に行くにもままならないものです。

安定期に入ってお腹が大きくなり出歩くことが難しくなる前の段階で少しずつ必要となる赤ちゃん用の服を揃えておくようにしましょう。

まず、短肌着ですが、産院に持っていくように指示されることが多いので、生まれる前から何枚か用意する必要があります。

生まれてすぐに必要になる短肌着ですが、特徴としては前開きの腰ぐらいまでの丈の肌着になります。

赤ちゃんは体温調節機能がまだあまり発達していないので、肌着選びは重要です。

赤ちゃんは免疫力も低く、抵抗力もあまりないので、風邪をひきやすいので冬場は長袖の肌着を用意するようにしましょう。

夏場は通気性が良く、汗を良く吸うタイプの短肌着を準備枚数としては5枚~6枚用意しておくと安心です。

産後すぐは家事に手が回らず毎日選択することが体力的に厳しい場合もあるので、多めに準備しておくと肌着をきらしてしまうことがなく安心です。

コンビ肌着

短肌着はだいたい3ヶ月ぐらいまでの使用しますが、3ヶ月を超えてくると除々に手足を動かしたり、活発になってきます。

生まれてすぐは寝てばかりいたのに、除々に周囲の環境にも慣れて手足を動かし始める時期ですので、足を動かしてもはだけないコンビ肌着が便利になってきます。

コンビ肌着の特徴としては、短肌着の上から着せる前開きの肌着になります。

肌着とはいえ、足の部分にスナップボタンがついているので赤ちゃんが足を動かしてもはだけてしまうことがありません。

足の部分もスナップボタンですので、全て脱がす必要もなくオムツ替えをすることが出来ますので大変便利です。

コンビ肌着は製品によっては肌触りにも気を使い、夏場は1枚着せるだけで短肌着が必要ない製品もあります。

夏場は洗濯物も増えますので、1枚着せるだけで済むコンビ肌着は手間も省けてとても楽です。

準備枚数は短肌着よりも少なく2枚ほどあれば良いでしょう。短肌着を兼ねて着せたい場合はもう少し準備枚数を増やしましょう。

ベビー服

ベビー服は赤ちゃんの月齢によって段階を追って使い分けていかなければなりません。

特徴としては月齢が低い間はベビードレスやロンパース、オバーオールなを使用することになりますが、生まれる前からセパレートタイプのベビー服は慌てて準備しなくても良いでしょう。

生まれてすぐはセパレートタイプのベビー服が着ることが出来ません。
セパレートタイプは6ヶ月頃から着せ始める方が一般的です。

産院から退院をする際にはセレモニードレスを着せて退院する方も多いので、準備枚数としては、まずは1枚退院時に着用させるセレモニードレスを用意しましょう。

生まれてから3ヶ月頃までは、オーバーオールやロンパースを赤ちゃんには着せますが、生まれた月の気候に合わせた素材を選ぶことが重要です。

冬生まれであれば暖かい素材の製品を、夏生まれは通気性が良い製品を選ぶようにして赤ちゃんの体温調節を助けてあげるようにしましょう。

ベビー服は可愛らしいデザインの製品も多く、選ぶだけでワクワクしてくるものです。
出産準備も楽しんで行いましょう。

関連記事

あなたピッタリ
ベビーソープどれ!?

下記項目に一つだけチェックを入れてあなたにぴったりのベビーソープを診断しよう!

今すぐ診断結果を見る

人気のベビーソープ一覧

ページトップへ>