ベビーソープ比較解析.com【口コミ・成分で比較】 > 育児・子育て > 妊娠7ヶ月(24~27週)の妊婦さんの特徴!注意点ややっておきたいこと

妊娠7ヶ月(24~27週)の妊婦さんの特徴!注意点ややっておきたいこと

妊娠7ヶ月頃は妊娠中期の終盤となります。

いよいよ妊娠後期に突入していく時期となりますので、出産のための入院準備に向けて色々と用意もはじめていく方もいらっしゃるでしょう。

そんな妊娠7ヶ月頃の妊婦さんの特徴や注意点、やっておきたいことをご紹介します。

妊娠7ヶ月の妊婦の特徴

妊婦さんが妊娠して7ヶ月も経過するころにはおなかの中で様々な変化が起こっており、日に日に出産の日が近づいてくることを感じるでしょう。

7ヶ月も経過するとすでにつわりなどがなくなっている人がほとんどで、胎児も大きくなりはじめ、胎動を感じることができるようになる時期です。

人によってはまだ胎動を感じることができない人もいますが、激しい人はおなかの中で足や手が動くためおなかに手を当てるとその動きを感じ取ることができます。

一方で、妊婦の体の方も少しずつ変化していき、体重が増えていく傾向が現れます。

この時にはすでにつわりが終わっていることで食事を普通にすることができるため、注意して食べないと体重増加のもとになります。

2週間に一度ほど病院に行くと、エコーを見て赤ちゃんの存在を確認することができるようになりますが、それと同時に性別が分かりやすくなります。

医者によっても異なりますが、およそ8割ほどの可能性で性別をあてることができる時期です。

妊娠7ヶ月頃に気を付けたいポイント

妊娠7ヶ月の時の注意点は、まず体重を増やし過ぎないようにすることです。

体重が増え過ぎると妊婦特有の糖尿病にかかってしまうことが考えられますので、生活に縛りができてしまうでしょう。

体重を減らすためには定期的な運動をする必要がありますが、おなかの中の胎児のことを考えゆっくりと動くことが必要です。

羊水なども合わせると5キロぐらいの重たさにはなっていますので、少し歩くだけでも息切れしてしまう可能性がありますが、あまり無理はしない程度に歩いてみましょう。

7ヶ月目は安定期として知られている一方で、早産や切迫早産の可能性も考えられます。

陣痛が出てくることもありますが、いわゆるニセモノの陣痛の可能性も高いため、なかなか判断するのは難しいところです。

この場合には、産婦人科に行き現在の状態を確認してもらうのが精神的にも安定するでしょう。

この時期になれば、いざという時のために産婦人科の電話番号を家族などに知らせておくべきです。特に問題なければ、そのまま安静にしていれば陣痛も遠のくかもしれません。

やっておくと良いこと!おすすめ

妊娠7ヶ月目の段階でやっておくとよいおすすめの一つは、時折訪れる便秘を解消させるため食物繊維の食べ物を可能な限り多く摂取することでしょう。

それと同時に、水分をこまめに摂取することで便通が良くなる可能性が高くなります。

消化に悪い豆やスナック菓子、カップラーメンなどの食べ物はできるだけ口に入れないようにする必要があります。

また、美容院などに行って髪の毛を整えておくことも重要になるでしょう。

妊娠7ヶ月以降になるとおなかの赤ちゃんと羊水が重いため長時間座っているだけでもかなり腰が痛くなってしまいます。

また、出産してからは育児に追われる毎日で病院に行く暇などほとんどありません。

7ヶ月目くらいが最後の美容院に行くチャンスで、その時を逃してしまうと1年近く行くことができない可能性があることも考えておきましょう。

おなかが大きくなると妊娠線が出てしまう人がいますが、一度出た妊娠線を消すのはなかなか難しくなります。

そこで、定期的にお腹周りを中心にクリームを塗っておくことを続けてみるべきです。

関連記事

あなたピッタリ
ベビーソープどれ!?

下記項目に一つだけチェックを入れてあなたにぴったりのベビーソープを診断しよう!

今すぐ診断結果を見る

人気のベビーソープ一覧

ページトップへ>