ベビーソープ比較解析.com【口コミ・成分で比較】 > 育児・子育て > 妊娠6ヶ月(20~23週)の妊婦さんの特徴!注意点ややっておきたいこと

妊娠6ヶ月(20~23週)の妊婦さんの特徴!注意点ややっておきたいこと

妊娠6ヶ月頃になるとお腹も大きくなってきて赤ちゃんの動きも感じだします。

お腹の赤ちゃんに話しかけたりといった楽しみも増えてくる時期ですね。

そんな妊娠6ヶ月頃の妊婦さんの特徴や注意点、やっておきたいことをご紹介します。

妊娠6ヶ月の妊婦の特徴

妊娠6ヶ月の妊婦の特徴としては、安定期に突入して1ヶ月が過ぎ、体調も安定していることが多いでしょう。

この時期には初めて胎動を感じるという妊婦も多く見られます。

最初は腸の中でガスが動いたように感じる人が多いですが、週数が進むにつれてはっきりと赤ちゃんが動いたことがわかるようになるでしょう。

これまでおなかがあまり目だっていなかった人も、羊水が増え赤ちゃんが大きくなることで、どんどんおなかが出てきます。

このころ妊娠線ができてしまう人も見られるので、しっかりとクリームなどをぬって保湿を行うようにしましょう。

体も出産に向けて様々な変化があらわれ、乳首や胸がチクチクと感じたり、摩擦によって不快感を感じる人もいるでしょう。

乳首から分泌液が出てくる人もいるので、もしも気になるようであれば、母乳パッドなどを付けて対処するようにしましょう。

母乳パッドは出産後も使えるので早めに購入して使用し、定期的に交換して清潔を保つように心がけましょう。

妊娠6ヶ月頃に気を付けたいポイント

妊娠6ヶ月のころの注意点として、体の重心がずれることが挙げられます。

おなかがだんだんと大きくなり重たくなってくるので、体の重心が前方にずれることになります。

これによって猫背になることとなり、背中や腰に大きな負担となり痛みを感じることもあるでしょう。

もしも背中や腰に痛みを感じた場合には、姿勢が悪くなっていることが考えられるので、正しい姿勢を意識して生活したり、背筋を伸ばすようなストレッチを生活の中に取り入れていくようにしましょう。

またおなかが大きくなってその重さを支えるために、足にも大きな負担がかかることになります。

血行が悪くなりむくみが発生したり、こむらがえりを起こすこともあるので、適度な運動を行ったりマッサージをして対処するようにしましょう。

この時期はつわりが収まって食欲も増し、最も体重が増える時期でもあります。食事の前にサラダやスープを食べるなど様々な工夫をして、体重増加を適切なものにしていきましょう。

やっておくと良いこと!おすすめ

妊娠6か月のこの時期にやっておきたいこととして、赤ちゃん連れではできないことをしておくとよいでしょう。

赤ちゃんが生まれると外出にもいろいろと制限がつきまとうこととなります。

一人の時間はなかなか持つことができず、おしゃれなどの美容にも今よりも時間をかけることはできなくなってしまいます。

1年から2年ほどは様々なことに制限が出てくると考えておいた方がよいでしょう。

妊娠6ヶ月の時期は体調も心も比較的安定していることから、一人でショッピングを楽しんだり、赤ちゃんを連れては入ることができない映画館や美術館に行ったり、夫婦で夜景の見えるおしゃれなレストランで食事をするのもよいでしょう。

また出産後はなかなか美容院に行く機会も減ってしまうと思われるので、今のうちに美容院に行って髪の毛を整えておくことも大切です。

また同じような理由でなかなか歯医者にも行けないので、今のうちに虫歯など気になる箇所があるのであれば、治療を終わらせておくのもおすすめです。

関連記事

あなたピッタリ
ベビーソープどれ!?

下記項目に一つだけチェックを入れてあなたにぴったりのベビーソープを診断しよう!

今すぐ診断結果を見る

人気のベビーソープ一覧

ページトップへ>