ベビーソープ比較解析.com【口コミ・成分で比較】 > 育児・子育て > 妊娠5ヶ月(16~19週)の妊婦さんの特徴!注意点ややっておきたいこと

妊娠5ヶ月(16~19週)の妊婦さんの特徴!注意点ややっておきたいこと

ようやく安定期を迎える妊娠5ヶ月頃。

少しずつお腹も大きくなってきて、それによって妊婦さんの体にも負担が掛かりやすくなる時期でもあります。

そんな妊娠5ヶ月頃の妊婦さんの特徴や注意点、やっておきたいことをご紹介します。

妊娠5ヶ月の妊婦の特徴

妊娠5ヶ月目の妊婦さんは、おなかの赤ちゃんの成長も著しくなり、日に日におなかが出っ張ってきます。

人によって差がありますが、5カ月目でおなかが出てくる人もいれば、7カ月ぐらいしないとおなかが出てこない人もいますので一概におなかが出てくることが成長しているというわけではありませんが、おおむねそのような傾向があるでしょう。

子宮内は、子供の頭ぐらいの大きさまで膨れており、腰痛に悩まされる心配が出てくるかもしれません。

そのため、普段から生活する上での姿勢に気をつけて腰痛にならないようにする必要があります。

妊娠5ヶ月目には、戌の日に安産祈願をする習慣がありますので、旦那さんの仕事を休んでもらうことができる場合には戌の日に合わせて休んでもらい、安全祈願に行くのがよいでしょう。

戌の日が週末や日曜日などと重なる場合には神社が混み合う可能性がありますので、あらかじめ神社に予約を入れておくとよいでしょう。

ただ、神社によっては予約をしなくても大丈夫なところがありますので、ホームページなどで確認をしておきましょう。

妊娠5ヶ月頃に気を付けたいポイント

妊娠5ヶ月は安定期に入ったとはいえいくつか注意をしなければならないこともあります。

注意点の一つは、おなかの重さにより腰に痛みが走ることがあります。

普段から歩く姿勢に気をつけて前のめりにならないようにすれば腰痛を極力抑えることができるでしょう。

また、体重が増加しやすい時期でもあります。

今までつわりなどで食欲がなかった人でもつわりが終了すると食欲が出てきますので、体重が増える危険性が考えられます。

体重が増えることは見た目が良くないだけでなく、歩きにくくなることや私生活でも動きが鈍くなり支障をきたすことが考えられるでしょう。

また病気も心配なところで、体重増加により妊娠高血圧症候群、そして糖尿病の可能性も出てきてしまいます。

糖尿病は一度かかってしまうと治るのが難しくなりますので特に要注意です。

いくら食欲が出てきたとしてもほどほどにしておき、自分で気をつけていれば問題ありませんが、どうしても気になるときは病院などに相談をしてみましょう。

やっておくと良いこと!おすすめ

妊娠して5ヶ月経過したころにするべきおすすめのことは、まず適度に運動でしょう。

妊娠の初期のころはあまり運動をすると流産してしまう可能性が高まりますが、妊娠5カ月になると胎盤が完成しており流産する可能性も限りなく低くなるでしょう。

もちろん可能性が低くなるだけであり絶対に流産をしないわけではありませんので激しい運動などは禁物です。

妊娠中に必要な栄養分としては鉄分とカルシウムになります。

鉄分が必要な理由は、鉄分は血液を作る働きがあるからです。

妊娠したことにより赤ちゃんの分も血液を作らなければならないため鉄分が不足していると貧血で倒れることが考えられます。

鉄分が含まれる食べ物の一つはホウレンソウになりますが、それ以外でもレバーや豆類を積極的に摂取してみましょう。

一方でカルシウムも、赤ちゃんの骨を生成するときに必要なものですので、魚や牛乳などで補うべきです。

ただ、必要な量を食べることができない場合であれば、サプリメントなどに頼ってみてもよいかもしれません。

関連記事

あなたピッタリ
ベビーソープどれ!?

下記項目に一つだけチェックを入れてあなたにぴったりのベビーソープを診断しよう!

今すぐ診断結果を見る

人気のベビーソープ一覧

ページトップへ>