ベビーソープ比較解析.com【口コミ・成分で比較】 > 育児・子育て > 妊娠4ヶ月(12~15週)の妊婦さんの特徴!注意点ややっておきたいこと

妊娠4ヶ月(12~15週)の妊婦さんの特徴!注意点ややっておきたいこと

妊娠4ヶ月頃というと安定期に入る直前となり、体調的にも少し楽になる妊婦さんも多いのではないでしょうか?

ですが、まだまだ安静にしておいた方がいいですし、無理は禁物な時期です。

妊娠4ヶ月頃の妊婦さんの特徴や注意点、やっておきたいことをご紹介します。

妊娠4ヶ月の妊婦の特徴

妊娠4ヶ月は安定期に入る手前の時期です。

つわりのピークが終わる時期なので人によってはつわりが少し楽になり、食事もとりやすくなってくるでしょう。

また基礎体温が高温期から低温期に切り替わるので、風邪をひいたときのような火照りやだるさもとれて気分的にもすっきりしてきます。

仕事が休みがちになっていた人も再び働きやすくなるでしょう。

妊婦さんの体もより変化してきます。

人によっては3ヶ月あたりからお腹が膨らみ始めるという人もいますが、より下腹部の膨らみが分かるようになってきます。

もちろん赤ちゃんはまだまだ小さいのですが、赤ちゃんを守るために体が脂肪を蓄えようとするので全体的にふっくらとした体型になってくるのです。

妊婦検診においても今までは超音波を入れる内診だったものがお腹にエコーをあてるという内容に変わってきます。

ママの体つきが変わってくることからママ自身だけではなくパパにも妊娠したことを実感できるようになってきます。

妊娠4ヶ月頃に気を付けたいポイント

妊娠4ヶ月はまだまだお腹の膨らみが小さいのですが、これから徐々に大きくなってくのでこの頃から全身の保湿ケアを始めましょう。

そうすることによって妊娠線やかゆみの防止になります。

そしてつわりが楽になってくることによって食事を楽しむことができるようになります。

その上赤ちゃんが大きくなってくることで栄養を体が欲するようになるので今まで食べられなかった反動としても一気に食欲がわいてしまうということがあります。

食欲に任せて食べていては急激に体重が増加してしまったり様々なトラブルの原因にもなってしまう恐れがあるので食事の量だけではなく栄養バランスにも気を付けたいところです。

様々な注意点がある中でも特に気を付けるべきは日々の生活です。

体調が安定してくることでつい無理をしてしまうという女性も少なくはないので、赤ちゃんのためにもあまり無理をせずに生活をするということが大切です。

仕事や家事などの負担を上手く軽減させながら無事に安定期を迎えることができるようにしましょう。

やっておくと良いこと!おすすめ

つわりが落ち着いたら歯科検診に行くことをおすすめします。

赤ちゃんというのは虫歯菌を持っていません。
しかし大人が持っている虫歯菌が赤ちゃんにうつってしまうことで虫歯を招いてしまうので、我が子の歯を守るためにもママだけではなくパパも虫歯治療を行っておくことをおすすめします。

特にママの口内環境というのはとても重要で、歯周病などのトラブルは流産や早産にも影響があると考えられています。

お腹が大きくなってからでは歯の治療も大変なので、体調が安定し始めたと感じた頃から歯医者に通うようにすると良いでしょう。もちろん妊娠していることはちゃんと伝えましょう。

その他にも体の変化に合わせてマタニティ用品を準備することも大切です。

普段身に着けている服や下着では体を締め付けてしまうので、ゆったりとゆとりのあるマタニティ服やマタニティ下着を身に着けておくと気分も楽になります。

今後必要となるものも少しずつ準備し始めておくと後で慌てることもないので体調が比較的安定しているこの時期にやり始めましょう。

関連記事

あなたピッタリ
ベビーソープどれ!?

下記項目に一つだけチェックを入れてあなたにぴったりのベビーソープを診断しよう!

今すぐ診断結果を見る

人気のベビーソープ一覧

ページトップへ>