ベビーソープ比較解析.com【口コミ・成分で比較】 > 育児・子育て > 妊娠10ヶ月(36~39週)の妊婦さんの特徴!注意点ややっておきたいこと

妊娠10ヶ月(36~39週)の妊婦さんの特徴!注意点ややっておきたいこと

妊娠10ヶ月頃はいよいよ出産を迎える時期です。

赤ちゃんが産まれてくるのが楽しみな反面、不安な気持ちになったりする時期でもあります。

もう一息で待ち望んだわが子とご対面できますよ。

妊娠10ヶ月頃の妊婦さんの特徴や注意点、やっておきたいことについてご紹介します。

妊娠10ヶ月の妊婦の特徴

妊娠37週以降は正期産に入り、妊娠10ヶ月の状態を臨月と呼びます。

待ちに待った赤ちゃんとの対面がもうすぐというところまで来て、楽しみと不安が入り交じった複雑な気持ちを抱える妊婦も多いものです。

この頃の妊婦のおなかの様子としては、これまでで一番の大きさとなりますが、赤ちゃんが出産に向けて骨盤の下の方に下がってくるため、おなかのふくらみの状態も少しずつ下にさがってくるようになります。

子宮口も柔らかくなり、この時点ですでに1、2センチ開いている人も多く見られます。

赤ちゃんが骨盤の方へ下がってくるため、それまでは胃が圧迫されてなかなか食事が思うようにいかなかった人も、だんだんと食欲が増してさらに体重が増加しやすい傾向にあります。

この頃の胎動はびっくりするほど力強くダイナミックになり、おなかの上からでも赤ちゃんの動いている様子がはっきり確認できることもあります。

赤ちゃんの頭が骨盤に収まると、胎動の感じ方は比較的減少傾向になるでしょう。

妊娠10ヶ月頃に気を付けたいポイント

妊娠10ヶ月ごろの注意点として前駆陣痛が挙げられます。

前駆陣痛とは不規則な子宮収縮のことをさし、間隔も不規則であれば痛みの強さも不規則という特徴があります。

前駆陣痛を感じると、このまま本当の陣痛につながるのではないかと思う妊婦さんもいますが、前駆陣痛の役割は子宮口を柔らかくすることと考えられています。

前駆陣痛のほとんどが本陣痛にはつながりませんが、子宮収縮や痛みがひどい場合や収まらない場合には、自己判断することなく病院に相談するようにしましょう。

そして妊娠10カ月の時期は赤ちゃんが子宮口に向けておりてくるので、膀胱がさらに圧迫され頻尿や尿漏れの症状があらわれることがありますが、尿漏れと破水、おしるしと見分けがつきにくいものがあります。

尿漏れは自分の意志でとめることができ、黄色がかっていてアンモニア臭がするという特徴があります。

破水は自分の意志でとめることができず、安静時にも出たり生臭く酸っぱいにおいがする特徴があります。

破水した場合には細菌感染の危険性があるため、すぐに病院に連絡するようにしましょう。

やっておくと良いこと!おすすめ

妊娠10か月になると赤ちゃんが下におりてくるため、胃の圧迫感がなくなって食欲が増してくるという妊婦さんも多いはずです。

もうすぐ出産とはいえ、体重増加には様々なリスクが考えられるので、食生活や栄養バランスには気をつける必要があるでしょう。

そこでこの時期におすすめしたい食事が、野菜をたくさん取り入れたメニューです。

野菜をふんだんに使ったスープやサラダを、食事の最初に食べることによって満腹感を得ることができ、それだけではなく血糖値の上昇を緩やかにすることができるので、よい食事方法と言えます。

そして赤ちゃんを迎え入れる環境づくりの仕上げもおすすめです。

赤ちゃんの寝室は特に清潔に保ち、念入りに掃除を行っておくようにしましょう。

近年では地震などが多発しているため、家具を固定しておいたり、危ないものは移動させるなど、もしもの時に赤ちゃんに危険が及ぶものは、極力取り除いておくようにしましょう。

そしてなんといっても出産までの残り短い期間を、ゆったりと穏やかに過ごすとよいでしょう。

関連記事

あなたピッタリ
ベビーソープどれ!?

下記項目に一つだけチェックを入れてあなたにぴったりのベビーソープを診断しよう!

今すぐ診断結果を見る

人気のベビーソープ一覧

ページトップへ>