刺激に弱く敏感な赤ちゃんのお肌

赤ちゃんのお肌はデリケート

赤ちゃんのお肌は乾燥しやすいとともにデリケートで敏感という特徴があります。
理由は乾燥しやすい原因ともなっている赤ちゃんの皮膚の薄さにあります。

皮膚が薄い赤ちゃんのお肌は外からの刺激を受けやすいのです。
大人の皮膚であれば、皮膚にある水分保持量も多くお肌を刺激から守るバリアになってくれますが、赤ちゃんのお肌の場合は皮膚が薄い分、バリア機能が弱くちょっとした刺激にも敏感となっています。

大人でも乾燥性敏感肌という肌質の悩みを持った方が多いのですが、
乾燥性敏感肌の方は敏感であるだけでなく、肌の乾燥によってよりバリア機能が低下して、さらに敏感肌になるといった悪循環に陥りやすくなります。

赤ちゃんのお肌も敏感肌で乾燥しやすい特徴があるので、そういった肌トラブルを引き起こしやすい悪循環に陥りやすいと思っておいてください。

刺激に弱く敏感な赤ちゃんのお肌のために心掛けたいこと

赤ちゃんのお肌にとっての刺激って何でしょうか?
すぐに思いつくのはベビーソープによる刺激や紫外線による刺激、おむつによる刺激といったところでしょうか。

それ以外にも赤ちゃん自身が出す汗も刺激になりますし、ハウスダストもそうです。皮脂もお肌の保護に必要ですが、時間が経った皮脂は酸化して汗と混じって雑菌の繁殖の元となったりします。まだまだあります。赤ちゃんの着る衣類も刺激となりえますし、赤ちゃんの体を拭くのに使うタオルもそうです。よだれも放置しているとお肌への刺激となります。

このように様々なことが赤ちゃんのお肌にとって刺激となりえます。

これらの中で汗、ハウスダスト、皮脂、よだれによる刺激を防ぐには綺麗に拭いてあげるか入浴時にベビーソープで洗ってあげるかです。

これがまず一つ目のポイントとなる「お肌を清潔に保つこと」です。

そして、ベビーソープというのは洗浄成分が入っており、お肌をキレイにしてくれる反面、お肌に負担を与えてしまうものでもあります。かといって皮脂汚れはベビーソープでなければ落とせませんので、使わないわけにはいけません。

また、ベビーソープというのはお肌の皮脂汚れを落とすということで肌を乾燥させやすいものでもあります。必要だけど刺激や乾燥の原因となってしまう。それがベビーソープです。

それではどうすればいいかといいますと、低刺激で保湿力の高いベビーソープを使うことです。
お肌にも優しく、潤いを与えてくれるベビーソープはお肌をキレイにするのに最適です。

これまで「洗う」ということをあまり考えたことがない方も多いと思いますが、毎日行う「洗う」ということを変えてあげるだけでお肌に与える影響はかなり変わってきます。
敏感で乾燥しやすい赤ちゃんのお肌のために今一度「洗う」ことを見直してみてはいかがでしょうか?

関連記事

あなたピッタリ
ベビーソープどれ!?

下記項目に一つだけチェックを入れてあなたにぴったりのベビーソープを診断しよう!

今すぐ診断結果を見る

人気のベビーソープ一覧

ページトップへ>