あなたピッタリ
ベビーソープどれ!?

下記項目に一つだけチェックを入れてあなたにぴったりのベビーソープを診断しよう!

今すぐ診断結果を見る

人気のベビーソープ一覧

新着情報

ベビーソープ比較解析.comについて

ベビーソープ比較解析.comでは赤ちゃんのためのベビーソープを選ぶママさんにピッタリのベビーソープを紹介するためにベビーソープを成分や特徴から解析しています。大切な赤ちゃんの乳児湿疹やアトピー、汗疹(あせも)、おむつかぶれ、新生児ニキビなどに悩むママのためのベビーソープ選びやイイ香りで赤ちゃんの体のニオイをなんとかしてあげたいママ、安くて良いベビーソープはないかとお探しのママ、無添加のものやオーガニックのもの石鹸でできたベビーソープをお探しのママのためにおすすめのベビーソープを紹介しています。またベビーソープ比較解析.comでは赤ちゃんのデリケートなお肌をトラブルから守るためにはお肌への負担をかけない「低刺激性」と乾燥しやすい赤ちゃんのお肌を乾燥から守るための「保湿力」が特に重要であると考え、お肌への優しさと保湿力を重視したベビーソープの解析や比較を行っています。香りや洗浄力、価格なども考慮していますが、ベビーソープでお肌をしっとりスベスベに導くためのスキンケアとしての役割を最も大切に考えています。赤ちゃんのお肌をトラブルから守りたいママのベビーソープ選びにお役立て頂ければ幸いです。赤ちゃんの肌トラブルの中でも多い、乳児湿疹やあせも、おむつかぶれ、新生児ニキビを防ぐためにも赤ちゃんのお肌に合ったベビーソープでケアしてあげましょう。

お肌に優しいかどうかで比較がおすすめ!

当サイトではこれを最も重視しています。なぜなら「洗えればなんでもいい」のであれば、ベビーソープでなくても良いということになってしまいます。なんのためにベビーソープを使うのかといったら、やはり赤ちゃんのお肌を優しくいたわる為に使うのだと思います。とことんまでお肌への優しさにこだわるのか、それとも優しさはそこそこで香りも選びたいのか、それは自由ですが、前提として赤ちゃんの肌に優しくなければベビーソープではないわけです。ではどのようにしてお肌への優しさを比較しましょう?使ってみた使用感で低刺激かどうかわかるでしょうか?半分はわかるでしょうが、半分はわからないと思います。赤ちゃんの肌にトラブルが起こるかどうかは判断基準になるのでしょうが、試しながらというのも赤ちゃんにとっては好ましいことではありません。それに、刺激って受け続けると慣れちゃうんです。でもそれは耐性がついたとかではなくて、単に感覚がマヒしているだけで実際はダメージを受けているわけです。だから赤ちゃんに湿疹などのトラブルが起こらなかったからといって低刺激!といえるわけでもありません。やっぱり「成分」を見て判断するのがいいと思います。ネット上でも肌に良くない成分や肌に良い美容成分などがたくさん紹介されています。そういった情報は必ず肯定意見と否定意見がありますが、みなさんの安全や安心の定義によって判断されればいいですし、なにより成分に関する情報を身に付けることはベビーソープだけではなく、今後ずっと役立つ知識となるはずです。一応当サイトでも『成分早見表』を用意しましたので、ご活用頂ければと思います。

無添加・オーガニック・ボタニカルといったフレーズだけでベビーソープを選ばない

無添加ベビーソープ・オーガニックベビーソープ・ボタニカルベビーソープというフレーズのベビーソープがあります。もちろん無添加やオーガニック、ボタニカルがいけないというわけではありません。ダメなのは無添加とかオーガニック、ボタニカルという言葉を見ただけでやさしそうなベビーソープだと安心してしまい選ぶことです。無添加もオーガニックもボタニカルも言葉そのものには何の価値もありません。何となくイメージ的にやさしさを連想してしまいがちですが、実際のベビーソープの中身が本当に無添加やオーガニック、ボタニカルといえるような内容になっているのかどうかを確認する必要があります。なぜ成分をちゃんと確認しなければならないのかというと、なんとなく無添加やオーガニック、ボタニカルという言葉だけで選んだ場合、パッと頭に思い浮かんだ商品イメージがあると思いますが、本当に選んだベビーソープがイメージ通りなものなのかはわからないからです。無添加に惹かれてベビーソープを選ぶ場合には無添加の対象となっている成分は何で、どれだけの成分が無添加になっているかをしっかりと確かめましょう。オーガニックの場合も雰囲気やイメージだけで安心せず、ベビーソープ自体がどこかのオーガニック認証機関の認証を受けているものなのか、そのオーガニック認証機関の認証基準はどのようなものなのか、ベビーソープ自体がオーガニック認証を受けていないのであれば、どれだけのオーガニック成分が配合されているのかといったことを確認しましょう。植物を表すボタニカルの場合、全成分のうちどれだけが植物由来成分なのかといったことを確認してご自身で納得のいくベビーソープを選ぶようにしましょう。言葉の持つ印象やイメージによる思い込みだけでベビーソープを選ぶことはおすすめできません。

口コミによる判断の良し悪し

今は商品に関する口コミ情報が簡単に見つかります。口コミ情報サイトもあれば、楽天市場とかamazonといった大手モール内の商品レビューという口コミもあります。自分がまだ使ったこともない気になる商品を他の人が使った感想や評判がわかります。口コミ情報というのはたくさんの人が買っているとか人気があるということはわかりますが、当然客観的な意見ではありません。「どこのお店で安く売ってた!」とか「いついつにセールがあるみたい!」といった情報なら役立ちますが、それ以外の使ったら「肌が荒れた」とか、「湿疹ができた」とか、「赤くなった」という情報は個人差がとてもある情報なので、参考程度にしておくのがいいと思います。よく口コミも見たりしますが、商品の成分自体はとっても肌に優しいものであっても良くない評価がついていたりします。その口コミを見て選ばないのはもったいなくないですか?いくら良い商品であっても人によって合わないことはあります。でも成分的には素晴らしいので他の人にとっては良い商品となる可能性が高いわけです。自分で成分を見てある程度判断できたら、口コミだけに頼らずに選ぶことができますね。ベビーソープ選びの際にも口コミは泡で出るのか、泡の伸びは良いのか、泡持ちは良いのか、香りは付いているのかといった情報収集に活用することがおすすめです。使用感や効果は人それぞれです。

香りによる比較や判断について

香りがベビーソープ選びにおいて重要なポイントとなることは間違いありません。せっかく一日の疲れを落とす入浴タイム、赤ちゃんと一緒に入るのだからこそ、いい香りで癒されたい気持ちはとてもわかります。それに、赤ちゃんの頭が汗によって臭ったりしてどうにかしたい!という気持ちもわかります。香り付きベビーソープで洗って頭皮の臭いを抑えたいですよね。赤ちゃんのお肌が特にトラブルもなく健やかな状態なのであれば、香り付きのベビーソープを選んでも良いと思います。でもお肌が弱くトラブルがちの赤ちゃんのお肌にはできる限り、無香料タイプのベビーソープを選んであげて欲しいと思います。もしくは、エッセンシャルオイルなどによる自然の香りが付いているものも良いと思います。合成香料は香りは良くてもお肌への負担となりえる成分でもありますので、お肌のことを思うと避ける方が無難です。また、頭皮の臭いはベビーソープの香りで抑えるというよりも、原因が汗や皮脂、それによる雑菌などによるものなので、しっかりと頭皮の汗や余分な皮脂を洗い流し、清潔にしてあげることで雑菌の繁殖を抑え、ニオイを抑えることができますので、頭皮の状態を清潔に保つように心掛けてあげることがおすすめです。

ベビーソープとベビーシャンプーはどう違う?

赤ちゃんの洗浄系化粧品にはベビーソープとベビーシャンプーがあります。どちらも石鹸タイプと合成界面活性剤タイプがありますが、ベビーソープとベビーシャンプーはどう違うのでしょうか?商品によってはベビー全身シャンプーという商品名のベビーソープがあったり、頭も体も洗えるベビーソープがあったりして、区別がわかりにくいのが現状です。ベビーソープは赤ちゃん用ボディソープに近い意味があり、ベビーシャンプーは赤ちゃん用シャンプーと考えるのが普通です。ボディソープは文字通り体を洗う石鹸という意味です。ではシャンプーは?シャンプーの語源について調べてみると、ヒンズー語の「押す」という意味の「chāmpo」からきており、薬草などで頭皮マッサージをする様から髪を洗う行為をshampoo(シャンプー)と呼ぶようになったようです。赤ちゃんの場合はベビーソープでもベビーシャンプーでも基本的に頭から体まで全身洗うことができます。中身について違いがあるとするなら、ベビーソープの場合は皮膚を洗うことを想定し、ベビーシャンプーは肌と髪を洗うことを想定して作られるので、ベビーシャンプーの方が髪を洗った後の指通りなどが考慮されています。ベビーソープはというと、皮膚を洗うことがメインなので、ベビーシャンプーよりは髪の質感を整える成分が含まれずシンプルな成分構成になっていることが多いです。お肌への負担を考慮してベビーソープを選ぶか、髪のきしみ防止を考慮してベビーシャンプーを選ぶなど選び方はママ次第です。新生児期から1歳くらいまではお肌へのやさしさを重視してベビーソープ、1歳以降でヘアケアを意識しだす頃にはベビーシャンプーに変えるという方法も良いのではないでしょうか?

ベビーソープと石鹸の違いや特徴について

ベビーソープの中に石鹸も含むこともありますが、ベビーソープと石鹸が分けて紹介されていることもあります。ベビーソープと石鹸は何が違うのでしょうか?違いは洗浄成分にあります。石鹸の作り方というのは脂肪酸に水酸化ナトリウムや水酸化カリウムを反応させます。ベビーソープの場合はもちろん石鹸が洗浄成分として使われているものもありますが、石鹸以外の合成界面活性剤が使用されているものが多く、合成界面活性剤が使用されたベビーソープとの違いを表す際に石鹸との対比が用いられることが多いです。実際に石鹸が合成界面活性剤で作られたベビーソープより優れているのかというとそんなことはありません。確かに世間のイメージ通り、お肌にとって良いとは言えないような合成界面活性剤はありますが、合成界面活性剤には数多くの種類があり、赤ちゃんのお肌にも優しいような成分から刺激が強めな成分まであり、洗浄力も強弱様々です。合成界面活性剤を一括りで悪者扱いするのは間違っています。石鹸はアルカリ性質で機能し、洗浄力は高めで生分解性が高いという特徴があります。軟水では泡立ちも良くしっかりと洗浄できますが、硬水の場合は石鹸が硬水中のカルシウムと反応し金属石鹸が作られるため、泡立ちが悪く洗浄面の機能性が下がります。硬水はヨーロッパなどに多く、日本の場合は軟水ばかりなので石鹸の使用に問題はありません。また、余分な成分を含まず脂肪酸と水酸化Na又はKだけで作られた石鹸を純石鹸と呼びますが、石鹸の場合はシンプルさもウリになります。合成界面活性剤を使用したベビーソープの特徴としては、合成界面活性剤の種類によってかなり左右されます。合成界面活性剤の場合は弱酸性でも洗浄力を持つ成分もあります。石鹸だから良い、合成界面活性剤を使用しているから良くないではなく、特徴を知り、実際に使用されている成分をしっかりと確認してベビーソープ選びをすることが大切です。

ベビーソープの価格相場について

今の60歳代以上の方が子育てをしていた時代は迷うほどのベビーソープの種類はなかったと思います。赤ちゃん用石鹸として大手メーカーが販売している程度で「一応赤ちゃん用ってあるから使っておこうか」くらいの感覚だったであろうと思われます。選ぼうにも他にベビーソープがないのですから、あるものを使うしかありませんよね。そして大手メーカーが販売していたベビーソープというのは子供を持つ全ての方のために販売していますので、値段もお手頃価格であるものがほとんどです。大手のベビーソープは内容量300ml~500mlくらいで500円前後といった相場感です。固形石鹸になると100gが3個で300円のように液体ベビーソープや泡タイプベビーソープよりも固形石鹸の方がより安い価格になることが多いです。ちなみに泡タイプベビーソープの方が液体ベビーソープより値段は高くなりがちです。近年では「どれを使ったらいいの?」と迷うほどに様々なメーカーからベビーソープが販売されています。それだけベビーソープの種類が増えてきた背景にはベビースキンケアへの認識や理解が深まってきたからということが挙げられます。赤ちゃんにスキンケアなんて必要なの?という時代から赤ちゃんからスキンケアが必要で、むしろ赤ちゃんだからこそスキンケアすべきという時代に変わってきたからです。そのため、ベビーソープの価格帯にも幅が出てきており、数百円の価格帯のベビーソープから、200mlで2000円越えといった価格帯まで色々なベビーソープがあります。このようにベビーソープの価格帯に幅が出てきた理由は「こだわり」が関係していると思います。例を挙げるとシャンプーも昔は500mlで500円くらいの相場感だったものが、ノンシリコンシャンプーやオーガニックシャンプーが注目されてから、300mlで3000円以上のシャンプーが出てくるなど多様化してきました。シャンプーの多様化の理由は消費者が知識を身に付け、自らの考えでこだわりを持ってシャンプーを選ぶようになったからではないでしょうか?この成分は良くない、この成分は良いといった成分知識が深まっていくにつれて、オーガニックや無添加のものを求めるようになり、そうなれば必然的に原料にこだわる必要が出てくるため、それに伴い販売価格も高くなるなどで価格にばらつきが生じだしたわけです。ベビーソープの場合も同じ事が言えます。これまでベビースキンケアなんて必要ないと思われていたことが、赤ちゃんのお肌への知識が深まっていき、様々なお肌に関する研究成果が発表されたりしたことによって認識が変わり、赤ちゃんのお肌に必要なスキンケアをママやパパたちが求めるようになり、ベビーソープの多様化も進んできたのでしょう。今後もベビーソープの価格相場はピンキリ状態が続いていくと思われます。ただ、ママやパパがこれまで知らなかった赤ちゃんのお肌についての知識が深まったことで自ら選ぶことができるようになったという状況はとても良いことだと感じています。

安いベビーソープと高いベビーソープの主な違い

ベビーソープの価格相場は安いものから高額なものまで様々です。では価格が安いベビーソープと高いベビーソープではどのような違いがあるのでしょうか?まず最初にお伝えしておきたいことは、安かろう、悪かろうではないということです。確かに原料価格は販売価格に反映されているでしょうから、価格が高いベビーソープの場合は、それなりに原価の高い成分が使われている可能性が高いです。ですが、原価の高い原料が良い成分だとは言えません。大事なのは我が子のお肌に合ったベビーソープを選ぶことです。赤ちゃんの中には生まれつきお肌が強く、どんなベビーソープを使ってもいつでもお肌がツルツル・スベスベでトラブルなしといった子もいます。反対に肌が弱く、ベビーソープによっては肌荒れが起こってしまうという赤ちゃんもいます。肌がスベスベで文句なし状態の赤ちゃんにこれでもかというほど贅沢な成分が配合されたベビーソープを使う必要は特にありませんし、肌が弱い赤ちゃんの場合はお肌に合ったベビーソープを選んであげなければなりません。安いからダメ、高いからイイではないのです。とはいえ、安いベビーソープと高いベビーソープである程度傾向の違いはあります。安いベビーソープは大手メーカーが販売していることが多いです。大手メーカーは全国や世界を対象に販売をしており、規模が大きいです。大量に作るから原料費も抑えられているというのも安さの理由の一つです。また大手メーカーの場合、赤ちゃんのお肌への安全性はもちろん考慮したうえで、品質の安定性も重視している傾向があります。どういうことかというと、自然派や無添加の化粧品を使ったことがある方ならお分かりいただけるかもしれませんが、自然派や無添加にこだわっている化粧品ほど、防腐剤も無添加や最小限に留めていることが多く、使用後は早めに使い切らなければならないなど環境や使い方による影響を受けやすくなっています。大手メーカーは全国や世界の人々に販売しているため、簡単に外部要因によって品質が劣化してもらっては困ります。消費者にとっても品質の安定というのは安心にもつながることであり、大事なことです。一方の高いベビーソープは中小メーカーが手掛けていることが多く、中小だからこそできるこだわりを持ったベビーソープを開発しています。オーガニックにこだわっていたり、無添加にこだわっていたりとこだわりはメーカーによって様々ですが、独自の発想によって作られたこだわりのベビーソープを販売しています。大手ほどの規模はないので、原料費も掛かりますが、大手と価格で競うわけではないので、配合成分にこだわることができるのが中小メーカーの強みです。一番大事なことは、高いベビーソープが必ず良いベビーソープとは限らず、メーカーごとのコンセプトや実際のベビーソープがコンセプトに沿った内容なのかが大切です。安くても高くても中身を見抜く目を持つことがベビーソープ選びでは大事です。是非大切な我が子のお肌を守るため、我が子のお肌に合ったベビーソープを見つけるための知識を身に付けましょう。

ベビーソープ選びはママやパパにとって使いやすいかどうかも大事

例えばいくら成分などを解析して良いベビーソープを見つけたとしても使い勝手が悪ければ子供の沐浴という育児面ではあまりよくありません。高級な固形石鹸タイプのベビーソープを購入したとしても、毎回使う際に泡立ちネットを使ってしっかり泡立ててとなるとかなり大変です。毎回お風呂に入れる際にママとパパが共同でできるならまだしも一人で沐浴させなければならないこともあります。一人で沐浴させる際に固形タイプのベビーソープは使いづらいと思います。育児はやることがたくさんあり、ただでさえバタバタしがちです。育児でストレスを溜めずに過ごすコツはいい意味で一つ一つの作業で手を抜くことです。すべてのことを完璧に一生懸命にこなそうとすること自体は素晴らしいことですが、長続きするでしょうか?途中でいっぱいいっぱいになってしまい、体を壊したり、精神的に参ったりするくらいであれば楽をして毎日ちゃんと育児をできる方が良いと思います。というわけで、ベビーソープを選ぶ際には泡立てる手間がなく、ポンプを押すだけで泡で出てくる泡ベビーソープが断然おすすめです。片手でポンプを押すだけで泡で出てくるので一人で動き回る赤ちゃんを沐浴させる際には必須とも言えるほど便利です。子供にとって良いベビーソープを選ぶことはもちろん大事なことですが、沐浴をスムーズに行い、沐浴時に子供にかかる負担を軽減してあげることも大事なことです。何より子供をお風呂に入れるということが嫌にならないよう、子供とのコミュニケーションが楽しめるように「便利で楽ちん」を優先したベビーソープ選びが一番です。子供が二人目、三人目といった先輩ママが育児慣れしているのは経験によるものです。初めての育児は慌てたり、気を張りすぎたりしがちです。上手にできないからといって自分を責める必要なんてありませんし楽できることは楽をしていきましょう。もう一度言いますが、ベビーソープは泡タイプがおすすめですよ。

ベビーソープは赤ちゃんの保湿ケアの土台作り

赤ちゃんのお肌にとって一番大切なことはなんでしょうか?実は洗うことではないです。一番大事なのはデリケートで乾燥しやすいお肌を乾燥から守ることです。つまり、保湿ケアが赤ちゃんのお肌にとっては一番大事なわけです。それならベビーソープ選びは重要じゃない??と思われるかもしれませんが、それも違います。ベビーソープ選びはとても大切です。というのも保湿ケアというのは汚れた状態で行うと肌トラブルにつながる可能性があるからです。どういうことかといいますと、赤ちゃんは新陳代謝が活発で汗かきです。なので一日生活をしていると夜にはお肌の表面は汗や皮脂・雑菌・垢・ホコリなどで汚れています。そんな状態でベビーローションやベビークリーム、ベビーオイルといった保湿剤を上から塗ってしまうと汚れをお肌に押し付ける状態となり、お肌への負担となります。お肌に負担を与え続けることは肌トラブルにつながる可能性がありますので、保湿ケアの前にはお肌表面をきれいな状態にしてあげる必要があります。そこで役立つのがベビーソープです。ベビーソープや石鹸のような洗浄剤がなくお湯やシャワーだけでもお肌を洗うことはできますが、皮脂汚れはお湯だけではスッキリと洗い流すことが難しいのでベビーソープを使います。ベビーソープや石鹸などを使って赤ちゃんのお肌を洗ってあげることによってお肌の表面を清潔にし、清潔なお肌の状態でベビーローションやベビークリーム、ベビーオイルなどで保湿ケアをしてあげることで赤ちゃんのお肌への負担を軽減しながら乾燥対策が可能となります。そのため、ベビーソープはベビーローションなどによる保湿ケアを行うための前ステップであり土台作りと言えます。近年ではベビースキンケアという考えが根付いてきたので多くのママやパパが赤ちゃんのお肌をベビーソープを使って洗い、ベビーローションなどの保湿剤を使って保湿ケアしてあげていると思いますが、清潔にして保湿するという流れを意識しているかどうかで、スキンケアに差が付きます。意識せずになんとなく塗っといた方が良いという考えでベビーローションを適当に塗っていると汚れをお肌に付着させてかえって肌トラブルを招く可能性もありますので、ベビーローションなどによる保湿ケアは必ずベビーソープなどでお肌を清潔にした後に行うという認識を持っておいてほしいと思います。

ベビーソープは赤ちゃん用ボディソープ?それとも全身?

ベビースキンケア化粧品であるベビーソープですが、大人でいうところのボディソープという認識を持つ方も多いため、赤ちゃんの顔や頭をベビーソープで洗ってもよいのか不安だという方も多いようです。はたしてベビーソープは赤ちゃん用ボディソープなのか、それとも赤ちゃん用全身シャンプーなのでしょうか?結論からいうと特にメーカーから身体用や頭に使用しないでくださいといった明言がされていない限りはベビーソープで赤ちゃんの頭からつま先まで全身洗っても大丈夫です。身体専用や頭に使用しないでくださいといった記載があるベビーソープをこれまで目にしたことがありませんので、ほぼ全てのベビーソープは全身に使用できると考えて良いでしょう。メーカーによってベビーソープをベビー全身シャンプーという名称で販売していたり、ベビーボディーソープといった名称だったりと統一はされていませんが、赤ちゃん用の洗浄剤であればまず全身洗えます。全身洗えますので当然赤ちゃんの顔もベビーソープを使って洗うことができます。特に生後間もない新生児期の赤ちゃんは皮脂分泌が多く乳児脂漏性湿疹や新生児ニキビといった皮脂由来の肌トラブルが起こりがちなのでしっかりとベビーソープを使って洗ってあげましょう。目や口に入ったら大変だと思い、顔はお湯で流すだけや控えめにベビーソープをつけて洗ったりすることで皮脂由来トラブルとなり、病院に連れていくとお医者さんにベビーソープや石鹸でしっかりと洗ってあげてくださいと言われ、しっかりと洗うようにしたらみるみる良くなっていったというような事例もよく聞きますので、皮脂分泌の多いおでこなどのTゾーンは念入りにベビーソープであらってあげるようにしましょう。要するにベビーソープは赤ちゃんの頭も顔も身体も洗うことができるので赤ちゃんシャンプー、赤ちゃん洗顔、赤ちゃんボディソープの3役をこなしてくれます。特に新米ママでベビーソープの使用範囲にお悩みの方は安心して全身の洗浄に使ってあげてください。

大人用ボディソープは赤ちゃんに使える?

多くのメーカーのベビーソープの販売ページには敏感肌や乾燥肌の大人の方の洗顔やボディソープとしてもお使いいただけますといった記載があります。要するに赤ちゃん用ではありますが、大人にも使えますよということです。では反対に大人用のボディソープやシャンプーは赤ちゃんに使用できるのでしょうか?答えとしては、あまりおすすめできません。赤ちゃんだろうと大人だろうとお肌はお肌なのですが、赤ちゃんの場合は皮膚が大人よりも薄くデリケートであり、大人比べお肌のバリア機能が未熟です。そのため、大人であれば特になんともないような刺激も赤ちゃんのお肌には負担となってしまう可能性があります。特に大人の方はボディソープやシャンプーに香りによる癒しを求めることが多いですが、アロマオイル以外でのいい匂いというのは大抵合成香料によるものです。合成香料はお肌への負担となることはあってもお肌に対してメリットはまずありません。基本的に大人用というのは様々な個性を持つ大人の求めるものを満たすために本当にお肌のケアに必要な成分以外の成分が追加されているケースが多いです。敏感肌や乾燥肌の大人向けスキンケア化粧品であれば、ベビー用に近い内容となっていますが、そうではない限り、大人用の多くは赤ちゃんにとっては不要な成分が含まれることが多いので、大人用のボディソープやシャンプーの赤ちゃんへの使用はおすすめしません。もちろん、赤ちゃんでもお肌が丈夫な子もいますので、大人用のボディソープやシャンプーを代用しても全く問題がないということもあります。ですが、基本的には赤ちゃんのお肌は大人よりもデリケートなので、赤ちゃんのお肌の特徴に合わせて作られている赤ちゃん用のスキンケア化粧品の使用が無難です。

ベビースキンケアに魔法や裏技はない

ママやパパがベビーソープを真剣に探すきっかけとなるのは大きく2パターンあります。1つは子供の肌荒れ・トラブルがきっかけで見直しが必要と感じたからというパターン。もう1つはママやパパ自身がアトピーや敏感肌など肌が弱く肌トラブルに悩んできたので生まれてくる子供のスキンケアには良いものを使ってあげたいという想いで探されるパターンです。特に何も気になることもないのにベビーソープを見直そうとはあまりならないのではないでしょうか。子供の肌トラブルによってベビーソープ選びを始めるパターンのママやパパに一つだけお伝えしておきたいことがあります。それはベビーソープはお薬ではないということです。湿疹などの症状を和らげるのは薬(医薬品)の役目であってベビースキンケアの役割ではありません。スキンケアというのはそもそもお肌の状態をどんどん悪化させる一番の原因である乾燥からお肌を守り、お肌のバリア機能をサポートし、健やかなお肌の状態を保つために行うものです。皆さん冬になる風邪予防としてうがいや手洗いをされると思いますが、ベビースキンケアはイメージとしてはうがいや手洗いのようなものです。まずこのことは絶対に理解しておきましょう。ベビースキンケアに肌荒れなどのトラブルを治すような魔法のような効果はありません。日々のスキンケアによってお肌を健やかな状態に保つことが結果として肌トラブルを起こさせないだけです。赤ちゃんのお肌にできる湿疹は全て乳児湿疹と呼ばれますが、乳児湿疹の症状そのものはベビーソープではなんともなりません。そう聞くとがっかりでしょうか?ですが、がっかりする必要は一切ありません。原因があって肌トラブルは起こります。ベビーソープを替えることで運よく原因となっていることがなくなり、肌トラブルが解消するということはあります。ベビーソープを別のベビーソープに買い換えたら子供のお肌がキレイになった!というような口コミを見かけることがありますが、まさにそれです。ベビーソープに含まれる成分によるお肌への刺激だけに限らず、配合されている成分がアレルゲンとなってアレルギー症状として肌荒れが起こることもありますので、ベビーソープを替えることでお肌の状態に変化がみられる可能性はあります。ですが、魔法や裏技ではなく、そこにはちゃんと理由があるわけですので、口コミや成分が良いベビーソープが何でもかんでも我が子の肌トラブルを解決してくれるわけではないということは予め知っておきましょう。

ベビーソープを販売してる有名メーカーといえば?

ベビーソープなど赤ちゃん系グッズの販売で有名なメーカー&ブランドをいくつかご紹介しておきます。まず哺乳瓶など幅広いベビーグッズを扱う有名ブランドとしてピジョンがあります。ピジョン製の育児グッズを何かしら使っているよというママも多いのではないでしょうか?ミルクやベビーフードで有名な和光堂のミルふわブランドも有名です。そして外資系で有名なのがジョンソン・エンド・ジョンソンが手掛けているジョンソンブランドです。また牛乳石鹸が手掛けているキューピーブランドも100年もの歴史を持つ石鹸メーカーという信頼もあり人気となっています。無添加にこだわり石鹸や洗濯せっけんを手掛けているサラヤのarau(アラウ)も根強い人気を誇っています。そして、大人向けスキンケアコスメで有名なブランドからもベビースキンケアブランドはありまして、敏感肌向けから派生したのが資生堂の2e(ドゥーエ)、ドクターシーラボのベビースキンケア、スキンケアというよりは医療系ですが、第一三共ヘルスケアが手掛けるミノンブランドも低刺激にこだわっており人気です。海外オーガニックのこだわり系で有名なのがヴェレダやエルバビーバです。世界的で有名なブランドとなっています。他にも認知度が高いブランドとしては、丹平製薬のアトピタ、ミヨシ石鹸のミヨシブランドの無添加シリーズなどがあります。雑誌などでも取り上げられ、全国の産院でも取り扱いがあるナチュラルサイエンスのママアンドキッズも評判が良いですし、最近ではアロベビーやドルチボーレ、メディスキンベビー、エトヴォス、ベビーボーンといったブランドも人気です。生協が手掛けるヤムヤムブランドも要チェックです。これからも独自のコンセプトを持ったこだわりのベビースキンケアブランドは増えていくでしょうし、大手メーカーもベビースキンケアに力を入れていったりして新たなブランドがどんどん誕生していくことでしょう。ですが、どれだけ数多くのベビーソープが発売されたとしても、やるべきことは変わりません。ベビーソープの全成分をチェックし、本当にご自身のイメージ通りのベビーソープなのか丁寧にチェックすることです。

ページトップへ>